一戸建て風に暮らせるテラスハウスに住んでみよう

上下階の音に悩まされない

賃貸物件でテラスハウスを選ぶ最大のメリットは、上下階の騒音トラブルと無縁な点が挙げられます。両隣とは壁を接しているので、多少の物音がありますが、賃貸物件で最も多い騒音トラブルは上下階の足音や生活音が原因です。メゾネットタイプの構造から、2階も自分で利用することになるので、家族の誰かが騒いだ足音は自宅内で起きた出来事ですから、家族間で注意すれば済むことです。テラスハウスの両隣との壁は、厚めに作られていることが多いので、実際には横方向の音は気にならないという人に向いています。

庭が付いているケースが多い

テラスハウスの特徴として、前に付いている庭スペースを駐車場として利用することも、ガーデニングを行うことも自由に出来る点が挙げられます。建ぺい率の関係である程度家の前に庭が出来るわけですが、各世帯ごとにしっかりと区分けしやすい構造となっています。家の中の間取りはほとんど一緒であっても、同じテラスハウスを賃貸している人の間でも、庭の様子は異なるので個性が出せるでしょう。ある程度庭の手入れが出来る人に向いています。

コミュニティーが形成されやすい

昔の長屋に構造的には似ているので、テラスハウス形式で建設された集合住宅に入居している人同士では、コミュニティーが生まれやすいです。庭部分が区分けされているものの繋がっているわけですから、手入れをする際に顔を合わせる機会も多いでしょう。隣人の名前すら知らないという例が多い中で、庭や駐車場がある分だけ入居者同士の触れ合いが増えて互いの家族構成を把握しやすい状況が生まれます。全く知らない人同士というわけでは無くなるので、隣人トラブル数も減少するわけです。

千歳の賃貸では、セキュリティの充実している物件が多数存在し、女性の一人暮らしでも安全を確保しながら暮らせます。