気軽に始めるマンション経営!収入とリスクを考えよう

一部屋からでも始められるマンション経営

マンション経営をすることに興味を持つ人が増えた影響を受けて、費用をあまりかけずに試算投資ができるようにサービスが提供されるようになりました。現在では一部屋からでもマンション経営を行うことができます。この場合には管理は全て委託してしまうというのが基本になりますが、少額投資ができるという意味で多くの人から目を向けられるようになっています。しかし、その際には収入とリスクについての理解をしておくことが大切です。

一部屋への投資の収入とリスク

一部屋のマンションを経営するときには収入は低く、リスクは高いという認識を持つことが大切です。最大の収入がその一部屋を賃貸したときに得られる家賃であり、実際には管理を任せることでその一部が得られる程度になります。それでも確かに収入としては大きなものになるかもしれません。しかし、空室になってしまうと一気に収入がゼロになってしまうというリスクがあるのです。ただし、管理を任せてしまっている場合には一定収入が得られる場合もあります。

大きな投資で大きな収入と低いリスク

マンション自体を手に入れてマンション経営をすると、一部屋を手に入れるのに比べて収入が大きく、リスクは少ない状態にすることができます。部屋の数が多いとそれだけ家賃収入も大きくなるのは想像できるでしょう。リスクが減るのは空室ができても全体としての収入が減りにくいからであり、一部屋が空室になっても他の部屋からの家賃収入が得られるからです。安定した収入を得やすいという観点からも大きな投資をした方が安心と言えるでしょう。

マンション経営とはマンションを購入してオーナーになり、第三者に賃貸し管理などをして家賃収入を得ることです。